坂本社会保険労務士事務所
給与計算から就業規則、人事・労務をトータルサポート。
東京、埼玉、神奈川、千葉をサポートする社会保険労務士事務所。
社会保険労務士の選び方
税金は税理士に、登記は司法書士に、法律は弁護士に、労務・雇用は・・・。
「社会保険労務士の業務とは?」と問われて、はっきりとした答えを出せる経営者はとても少ないと思います。
「労務・雇用=社労士」と結びつかず「社労士=手続き業務の代筆=どこでも同じ」と、誤解されるケースも少なくありません。弁護士に得意とする分野があるのと同じで、社労士にも専門分野が存在します。また、当然ながら社労士も人間です。業務に取り組む姿勢や考え方なども異なりますので、会社に合った社会保険労務士選びが必要となります。
依頼される業務内容
社会保険労務士に依頼される内容が「社会保険・労務保険の手続き」のみであれば、「価格」を重視してよいと思います。しかし、「人事や労務のコンサル全般を見てほしい」という依頼であれば「価格」以外にも、以下の要素を踏まえた上で社労士選びが必要となります。
業務に対する考え方
「会計事務所は毎月来るけど、社労士事務所はまったく顔を見せない・・・」。残念なことですが、このような言葉をよく耳にします。足を運ばない社労士に言わせれば「会計士は毎月の給与計算があるから・・・」と答えるかも知れません。社労士事務所によって仕事に対する考え方は大きく異なります。何らかの業務を依頼されたクライアントに対して、きちんとヒアリングする社労士か否か。とても重要な要素です。
コミュニケーション能力
社労士は企業の社長、人事・総務責任者との間で、労務や人事といった業務に携わります。業務を進める上でいかに話しやすい社労士か(よい聞き手か)といったことも大切な要素となります。企業と社労士とは長いお付き合いになることが多くありますので、社労士を選ぶ際は複数の社労士を「面接」されることをお勧めします。
契約内容
社会保険労務士事務所との顧問契約を交わす場合、当然ですが契約内容をよくご確認ください。「社労士の契約はどこも同じ」という考えはまったくの誤解です。各事務所により契約内容(提供するサービス)は異なります。
価格
コストバランスはとても大切な要素です。かといって価格のみを重視しますと「内容」が伴わない場合があります。価格のみを見るのではなく価格も社労士を選ぶ要素の一つとして捉え、これまで記載した内容を考慮しながら社労士をお選びください。社内に人員を増やすコスト(人件費・他諸経費)を考えれば、社労士へのアウトソーシングは必ず安くなります。
ニセ社労士にご注意
ニセ社会保険労務士に業務を依頼すると、様々なトラブルの原因となります。必ず社会保険労務士会に入会している開業社会保険労務士に依頼するようにしてください。国家資格者である社会保険労務士は、社会保険労務士票または都道府県社会保険労務士会会員証など、社会保険労務士を証明できるものを所持しています。
HOME
社会保険労務士の必要性
社会保険労務士の選び方
社会保険
労働保険
就業規則
賃金・退職金
人事・労務管理
助成金
当事務所の考えと強み
料金体系
事務所概要
プロフィール
お問い合わせサイトのご利用案内個人情報の取扱い
Copyright (c) 2006 SAKAMOTO OFFICE All rights reserved.