坂本社会保険労務士事務所
給与計算から就業規則、人事・労務をトータルサポート。
東京、埼玉、神奈川、千葉をサポートする社会保険労務士事務所。
社会保険労務士の必要性
経営者が経営に専念できる環境づくり
会社が各々の理念の基に高みを目指し発展を遂げていく。 経営者であれば誰しもの考えだと思います。反面、会社が発展・成長を続けていく過程で、経営上「労務・雇用関連の問題」を避けられないのも事実です。労務・雇用の問題は法的な専門知識が必要となり、専門家でなければ対応が困難なこともあります。この問題に対して経営者が時間を費やし、経営に専念できなければ会社の発展も望めません。経営者は各事業のプロであり、労務・雇用の問題に多くの時間を費やすことは、 会社全体に支障をもたらすことになります。経営者に必要なものは経営に専念できる社内環境です。 社会保険労務士は会社の労務・雇用関連の問題を解決するために必要とされています。
労務・雇用関連業務委託のメリット
経営に専念できる環境の確立
労働保険や社会保険などの事務手続きを経営者または社員が行うと、大きな時間のロスが生じます。
各手続き業務をアウトソーシングすることで、経営または各業務に専念することができます。
労働保険や社会保険などの事務手続き業務のために社員を抱えるよりも、
社会保険労務士にアウトソーシングすることで人件費・他諸経費のコストを削減できます。
専門的な知識が無く就業規則や賃金規定を作成すると、
社員とのトラブルが生じやすくなり、訴訟にも発展するおそれがあります。
社会保険労務士に依頼することにより、多くのリスクを回避できます。
事務処理のスピードと正確さ
社会保険労務士は、社会保険・労働保険の加入・脱退、各種給付金、助成金の請求など、
労働社会保険の事務手続きを的確かつ迅速に処理し、企業のリスク管理に役立ちます。
迅速な対応は他の事務処理にも好影響を与えます。
HOME
社会保険労務士の必要性
社会保険労務士の選び方
社会保険
労働保険
就業規則
賃金・退職金
人事・労務管理
助成金
当事務所の考えと強み
料金体系
事務所概要
プロフィール
社会保険労務士の選び方
お問い合わせサイトのご利用案内個人情報の取扱い
Copyright (c) 2006 SAKAMOTO OFFICE All rights reserved.